不倫慰謝料 [事例4]

妻の不貞相手から慰謝料120万円獲得

30代男性
立場慰謝料請求額
慰謝料を請求する側 120万円

背景

Aさんは、妻の様子がこれまでと異なることから、不倫を疑い調査をしたところ、案の定妻が不倫をしている事実が発覚しました。妻を問い詰めたところ、ネットで知り合った男性と不貞行為を重ねていることを認めました。妻の話では、子どもと一緒に不貞相手に会ったこともあるとのことでした。
Aさんとしては、妻と離婚するつもりはないものの、不貞相手に対しては慰謝料を請求したいと考え、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

対応

Aさんからご依頼を受け、不貞相手に対し、まずは300万円の慰謝料の支払いを求める内容証明を出しました。
そうしたところ、相手方から、代理人弁護士を通じて、100万円の一括払いで解決したい旨の回答がありましたが、Aさんとしては、その金額では納得できないとのことでしたので、さらに交渉を続けました。
また、Aさんの要望として、相手方からの謝罪が欲しいとのことでしたので、その要望を相手方代理人に伝えました。

結果

妻が子どもとともに不貞相手に会っていることも、精神的苦痛を増加させる事情として主張するなどして粘り強く交渉を続けた結果、最終的に、慰謝料につき120万円の一括払いで合意することができました。
また、相手方から謝罪文の提出を受けることもできました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-520-430 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-520-430
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ