交通事故 [事例11]

30代パート主婦、後遺障害14級にて賠償金300万円超を獲得

30代女性
主な症状損害賠償金
頚椎捻挫、腰椎捻挫 320万円

背景

Aさんが車を運転し、赤信号で停車していたところに、後ろからトラックにノーブレーキで追突された事案です。追突された衝撃で、Aさんの車もその前に停まっていた車に追突してしまいました。

相手損保会社の高圧的な態度に辟易し、被害者側でも代理人を立てたいと考え、当事務所での相談となりました。

対応

当事務所で受任当時、Aさんはまだ治療中でした。当事務所のアドバイスに従って、Aさんには約200日間通院していただきました。

治療終了(症状固定)後、後遺障害申請を被害者請求にて行いましたところ、200日の通院の甲斐もあって、本件では後遺障害14級が認められました。

その後、弁護士が相手損保会社の担当者と粘り強く交渉した結果、慰謝料については裁判基準額のほぼ満額で合意を取り付けることができました。

結果

年を超える治療期間の甲斐もあって、後遺障害14級認定され自賠責保険金75万円を獲得しました。

その他に、相手損保会社との示談交渉で250万円以上の示談金を獲得し、合計320万円を超える額を獲得することができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-520-430 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-520-430
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ