債務整理 [事例3]

他人の借金の保証債務が自己破産でゼロに

50代男性
債務整理方法借金総額
自己破産 430万円⇒0円

背景

Aさんは、当時勤務していたB社の社長から、会社名義で金融機関から600万円の事業資金を借り入れる際に、「連帯保証人になってほしい」と頼まれました。Aさんは、それまで社長にとても良くしてもらっていたことから恩義を感じており、「迷惑をかけない」とも言われたので、連帯保証人になることを了承しました。

その後、AさんはB社を辞めました。退職後も連帯保証人のままでしたが、主債務者であるB社が返済を行っていましたので、しばらくは何事もありませんでした。
ところが、ある日突然、B社が借入れをした金融機関からAさんのもとに、連帯保証債務の履行として430万円の一括払いを求める督促状が届きました。

Aさんは突然のことに驚きB社の社長に電話をかけましたが、全く繋がりませんでした。
どうしたらよいのか対応に困ってしまったAさんは、当事務所に債務整理のご相談にいらっしゃいました。

対応

Aさんの債務はB社の保証債務だけで他に債務はありませんでしたが、Aさんには430万円を返済していける資力はありませんでしたので、自己破産事件としてご依頼を受けました。
そして、Aさんには、特に免責不許可事由はありませんでしたので、同時廃止の前提で裁判所に自己破産の申立てをしました。
なお、ご依頼後、B社の登記情報を確認したところ、B社はすでに解散して存在していませんでした。

結果

申立て後、無事に同時廃止となり、数か月後にはAさんの債務は免責されました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-520-430 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-520-430
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ