交通事故

根症状型と脊髄症状型:むち打ちの症状や検査の違い

交通事故のむち打ちにはいくつかのタイプが存在します。
その中でも、後遺症が残りやすいものが根症状型と脊髄症状型です。

ここでは、根症状型と脊髄症状型の症状や、検査結果などの違いについて解説します。

1.むち打ちとは

むち打ちは、交通事故による衝撃で首が鞭のように不自然にしなり、首の筋や筋肉などを痛めてしまうケガです。

首の骨「頚椎(けいつい)」の骨折・脱臼、椎間板といった組織が損傷してしまうこともあります。
そうなると、頚椎の中を通る神経の束、「脊髄」や、脊髄から体中に向かっている神経の根元、「神経根」に異常が生じるおそれがあります。

神経根に異常が生じた場合が「根症状型」、脊髄に異常が生じた場合が「脊髄症状型」です。

いずれも、神経が関わる体の部位、「支配領域」に痛みやしびれなどの「神経症状」が生じてしまいます。

一方、その神経症状の特徴は異なります。
症状の違いは、検査結果の違い、そして、損害賠償請求に必要な証拠の内容やポイントの違いに関わってきます。

2.根症状型・脊髄症状型の違い

(1) 症状の違い

根症状型と脊髄症状型の神経症状の違いは、主に、症状の出る場所が根症状型は片側だけ、脊髄症状型は両側に出るということにあります。

もっとも、脊髄症状型では、根症状型には見られないような重い障害が出ることもあります。

具体的な症状の内容は以下の通りです。

【根症状型】

①症状が出る部位
右手や右肩、または、左手や左肩など

②症状の内容
・ズキズキする痛み(「疼痛」)
・しびれや五感のマヒなどの「感覚障害」
・筋力低下

 

【脊髄症状型】

①症状が出る部位
両手、または、両手と両足など

②症状の内容
根症状型の疼痛、感覚障害、筋力低下に加え、
・手:手先の細かい動きができなくなる(「巧緻運動障害」)
・足:歩行障害
・そのほか:排泄がうまくコントロールできなくなる(「膀胱直腸障害」)

 

【症状の違いが生じる理由】
根症状型と脊髄症状型で症状の違いが生じる理由は、異常が生じる神経の場所が異なっているからです。
根症状型では、脊髄から手足などに向かう神経の根元である「神経根」が、損傷した骨や椎間板により圧迫されることが原因です。それに対して脊髄症状型では、脊髄に直接異常が生じます。左右の神経根へと別れる前の神経に異常が生じますから、体の両側に痛みやしびれなどの神経症状が出るのです。
しかも、脊髄は脳から首の頚椎を通り、背骨(「脊椎」)の中を下へ下へと通っています。脊髄の損傷がひどければ、下半身、足や排泄コントロールにも障害が生じてしまうおそれがあります。

(2) 検査の違い

脊髄症状型と根症状型とでは症状の内容やその原因が違いますから、どのような症状がどこにあるのか、首のどこにどのような異常があるのかを調べる検査及びその結果にも違いが生じます。

根症状型では神経根の異常のせいで片側だけに症状が出る、脊髄症状型では脊髄の異常のせいで両側に症状が出る。この特徴の違いはもちろん検査結果に大きな違いを及ぼします。

しかし、どちらにせよ、根症状型もしくは脊髄症状型の症状が自覚できたときには、整形外科でしっかりと検査を受けましょう。
検査結果は損害賠償請求で大きな証拠になります。

特に、後遺症の損害賠償請求をするには、その後遺症が「後遺障害」に当たると認定される必要があり、画像検査をはじめとした客観的な医学的専門的な検査結果、「他覚的所見」はほぼ必須となります。

後遺障害等級認定の基本|流れやポイント、必要書類

[参考記事]

後遺障害等級認定の基本|流れやポイント、必要書類

3.まとめ

交通事故によるむち打ちの類型である「根症状型」と「脊髄症状型」。

その違いは、神経症状のある部位、画像検査の異常が現れる場所などです。

なお、根症状型と脊髄症状型に共通する特徴は、「神経損傷が生じない頚椎捻挫型のむち打ちと異なり、神経症状が生じ、治療の長期化や後遺症が残るおそれがある」「神経症状のほか、不眠や抑うつなど自律神経失調のような症状が生じて後遺症が残るおそれがあるものの、原因不明で検査結果による証明が非常に難しいバレ・リュー型に比べれば、検査結果で異常が見つかり後遺症の損害賠償請求ができる見込みがある」などです。

後遺障害の認定を受けるには、様々なポイントがあります。
症状が重く、かつ、弁護士費用特約を利用できるため費用倒れのおそれがないのであれば、早くから弁護士に相談をしてみましょう。

法律の専門家、弁護士ならば、後遺障害の認定を受けられる可能性や必要書類、受けるべき検査などについて具体的な助言をすることができます。

通院中の慰謝料など、ケガ及びその通院治療に関する賠償金についても、弁護士に依頼することで相場の基準が上がるため、増額できる可能性があります(なお、後遺症の賠償金も同様です)。

泉総合法律事務所は、これまで交通事故でむち打ちになってしまった方を多数お助けしてまいりました。皆様のご相談をお待ちしております。

無料相談受付中! Tel: 0120-520-430 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-520-430
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ